自宅でできる早期教育のすすめ

早期教育入門編

早期教育について知ろう

早期教育と聞くと、どんなカリキュラムに沿って行うものだろう、と想像される方もいらっしゃるかもしれませんが、実際には親であれば自然と行っているものが主です。 ではその目的とは、そしていつ頃から始めるべきなのか、辞め時はいつなのか、みていきましょう。

早期教育とは一体何なのでしょうか

早期教育と一言で言ってもそのあり方は様々です。
お子さんの年齢や興味、性格に合わせて親御さんが一緒に、楽しみながら、まだ脳が柔軟なうちに色々と学習の手助けをすることを一般的に早期教育、又は幼児教育と呼ぶようです。
これといった決まりはないので、その内容はご家庭によりけりでしょう。
共働きをされている場合はお子さんと一緒に過ごす時間が、専業主婦・主夫のいらっしゃるご家庭より少ないでしょうから、その辺りは臨機応変に、皆がこれをやることでストレスや不満が出ない程度に、あくまでも、楽しみながら、やってみてはいかがでしょうか。
まず、そもそも早期教育とは何なのか、そしていつ頃するものなのか、その内容等、ご存じでない方へ入門編として簡単にこのサイトでまとめてみました。
お子さんをそのために施設へ預けるのではなく、ご自宅でできるいくつかの例をご紹介致します。
具体的にどういったことをするのか、道具の有無別に分けてみましたので、参考になさってみてはいかがでしょうか。
今、まだお子さんがいらっしゃらなくとも、妊娠・出産を終えてからは慌ただしい日々がノンストップでスタートしますので、自分はどういった内容のものをしていきたいか、今のうちに想像を膨らませておくのもいいかもしれませんね。
とはいえ、絶対にこの通りしなければいけないという規則も教科書もありません。
あくまで、その子の成長や興味に合わせて、臨機応変に、色々な学習を親御さんなりご家族の方がサポートしてあげるという生活していれば当たり前に行っている事がもうそれが、早期教育であります。

道具がなくても十分にできます

早期教育を始めるのに何も揃えなければいけないものはありません。 学校のように構えて読み書きを教える必要も最初のうちはありません。 まずは話しかけてみたり、一緒に歌ってみたりして言葉というものの存在を教えてあげる等の事から始めてみましょう。 これに道具は必要ありません。

ある程度大きくなったら道具を使ってみよう

子供の成長は我々の想像を超えて早いですよね。 最初のうちは、道具を使うと色々な危険性がありますが、だいたい3歳くらいを過ぎると、簡単な道具の使い方を理解してきますので、大人が必ず付き添いながら、できるだけ子供用があればそれを用意して使ってみましょう。

TOPへ戻る